1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. フェイス(肌悩み別): UVダメージ

製品一覧

UVダメージ

お肌の大敵!太陽光線による光老化とは?

老化は、さまざまな要因によって進行すると言われていますが、その中でも近年注目を集めている要因が、太陽光線による老化現象である「光老化」です。実は老化の原因の約80%が「光老化」によるものだという研究結果もあり、「光老化」を防ぐことが究極のアンチエイジング対策の鍵となっています。

太陽光線による皮膚への影響

焼け対策と言えば「紫外線」。紫外線をカットすることで日焼けを防止し、白い肌を守ることが出来ると考えられてきました。…しかし最新の研究では肌に影響を与えるのは紫外線だけではなく、「赤外線」もそうであるということが分かってきました。

UV-A
肌の深部まで届きDNAにダメージを与え、弾力低下・たるみ・シワ・乾燥など肌老化を招きます。
UV-B
肌表面に炎症を引き起こし、メラニン色素の過剰生成を促すことでシミ・ソバカス・皮膚癌の要因に。
赤外線
浸透性が高く肌深部の皮下組織にダメージを与え、コラーゲンなど美肌を守る要素を破壊します。
紫外線対策は夏だけでOK? 〜1年中しっかり紫外線対策を〜

紫外線が一番少ない12月でも、ピーク時の50%くらいの紫外線が降り注いでいるので、冬でも油断は禁物です。また、UV-B量は夏と冬で紫外線量にかなり違いがありますが、UV-A量は年間を通してあまり数値に差が無いというところも注目すべき点です。紫外線対策は1年中しっかりと行うことをおすすめします。

豆知識1:日焼け止めの疑問
ほとんどの日焼け止めに表記されている、SPFやPA値の意味はご存知ですか? SPFは(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-Bの防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。例えば、SPF20の場合、SPF1値を20分とし20×20分=400分。6時間40分間UV-B波からお肌を守ることができるという計算になります。
PAは(Protection Grade of UVA)の略で、主にUV-Aの防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。「+」〜「++++」の4段階で表されます。
豆知識2:日焼け止め選び
選び方のポイントは、通勤や散歩など1時間以内のお出かけにはSPF35程度、1時間以上のレジャーやスポーツにはSPF50を使うことをおすすめします。自分のライフスタイルに合わせ使い分けるのがお肌をキレイに保つコツです。また、適量を肌にムラなく塗らなくては十分な効果が期待できないことも、汗で日やけ止めが流れたり、塗った部分を手やタオルなどで擦ったりした時は、こまめにつけ直しましょう。
豆知識3:紫外線の予防策
外出するときはツバの広い帽子や日傘、長袖のシャツ等を活用して紫外線から肌をガードしましょう。色は白よりも黒など色の濃いもののほうが遮断効果が高く、より光を吸収するので、肌まで届く紫外線量をぐんと減らすことができます。また、UV-Aは雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日や日当たりの良い室内ではUVケアを忘れずに!

サロントリートメント

ソティストータルスキンケアシステム

エステの本場フランスの国家資格における皮膚理論に忠実に、60年間蓄積した専門知識で的確なスキンチェックを行います。パリ本店のディレクターとソティス ソルディック(研究開発部門)が共同開発したプロフェッショナルトリートメントには独自の有効成分とプロの手による繊細なソワンテクニックを凝縮。本格的なスキンケアと真のリラクゼーションによる心身の再生を目的とした豊なメニューの中から、お客様の体調やご要望にあわせた最適なプログラムをご提案いたします。

ソティスサロンのご案内

ホームケア製品

製品のご購入について

Please wait...

※ソティスの製品はサロン専売品です。お求めの際は直営店又は取り扱いサロンにてご購入ください。

ページトップへ